当院施設、当院スタッフも皆様に安心した医療を受けられるよう、また愛されるよう、誠心誠意をこめて、
  ひとりひとりの患者様にご対応させていただきます。何卒よろしくお願い申し上げます。

スポーツ整形外科 : アスレチックリハビリ―テーションセンター


SOAC とは、Sato Orthopedics Athletic Center の略です。

「スポーツ整形外科には欠かせないアスレチックリハビリテーションの存在」

スポーツをしていると残念ながらケガや傷害に悩まされることがあります。そこで当施設では最新のスポーツ医学に基づきトップアスリート(日本代表級)からスポーツ愛好家まで多種多様なスポーツを患者様に見合った治療と競技復帰をサポートしてまいります。

「こういう方におすすめです」

例 : 一般の整形外科治療は終了したが、競技復帰が心配ですという方。現在の問題点を把握し、その方に合った実技を含めた練習プログラムを組みます。チーム練習の合流時期や大会スケジュールに合わせ監督やコーチと相談しながらプログラムをすすめていきます。

例 : 競技復帰したがまた痛みが再発してきた方。もしかしたら、患部以外に問題があるかもしれません。全身の柔軟性・筋力・アジリティなどを個々に把握し怪我の再発予防や個人が持つクセの修正も行います。



SOAC 施設案内
スポーツ愛好家から通常のメディカルリハビリテーション、またトップレベルのアスリートまで幅広いトレーニングか可能な施設です。

【 フロアー 】

部分的にネットを仕切ることで、投球練習、バッティング練習、シュート練習、ダッシュ、スラロームトレーニングなど様々な使い道ができます。天井高6mでミニ体育館のような雰囲気です。内壁は防御壁なのでボールが当たっても損傷の心配はありません。また、プラットホーム、ヨガマットを多数設置しストレッチ指導など多人数の対応も可能です。同時に超音波治療も可能としており、リハビリと治療を同時に行うこともできます。

フロアー


【 ステージ 】

南側にステージ上の区画があります。走力、持久力、筋力のトレーニングができます。

エアロバイク ランニングマシーン レッグカールマシーン

レッグエクステンションマシーン フリーウェイト


【 レッドコード:インターリハ社 】

最新の治療ができます。レッドコードとは、運動器疾患(腰痛、頚部痛、骨折後、手術後)、中枢系疾患(片麻痺など)に対する治療エクササイズだけでなくスポーツ領域においてのファンクショナルトレーニングに幅広く使用されております。体幹部のトレーニングとしては最適で、陸上短距離日本代表:福島千里選手、ウサインボルト選手もトレーニングに取りいれております。

レッドコード

空気清浄機を完備しており、細菌やウイルス対策も万全。施設内へは下足のまま入れるので足腰の悪い方でも通院しやすく安心してご来院頂けます。

院長(佐藤正義)は、盛岡赤十字病院、岩手県立釜石病院、岩手医科大学を経て当クリニックを開業しました。地域の皆様に最新の医療をお届けします。

JRいわて沼宮内駅前バスターミナルからすぐ&当クリニックの敷地内に駐車場も10台完備。電車・バスでも、お車でもお越し頂きやすい好立地です。